読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ハート・トゥ・アート』通信

高円寺発のアートイベント『ハート・トゥ・アート』です。知る人ぞ知る地域密着型アートフリマイベントの先駆け的存在です。

「黒板アート」の人気が高まり、アートが身近になるといいですね☆ アートニュース176

 

f:id:heart2art:20150327224803j:plain



最近では武蔵野美術大の学生たちの「黒板ジャック」が話題になりましたが、もしかして黒板アートってブームになりつつあるのでしょうか。


3月25日(水)に学校向けの黒板やオフィス用のホワイトボード製品で知られる日学株式会社が企画した『日学・黒板アート甲子園・プレ大会』の結果が発表されました。

f:id:heart2art:20150327224905j:plain


高校生対象のこの企画、色数が限られたチョークを使って描かれた黒板アート作品の応募総数は50作品。

ホームページでは10作品が紹介されています。

個人的には優秀賞受賞の「埼玉県立大宮光陵高等学校/2年8組うのりたい(4人)」の作品が好きです。

あ、審査員コメントを見ていたら、ムサビの教授、三澤一実さんも入っているようです。ということは黒板アートの話題が偶然続いたのではなく、ちゃんと計算して仕掛けられていたんでしょうね。

企みは大事です。

こういったサプライズ企画が広がることで、絵を鑑賞する楽しみや驚き、そして喜び、感心が日常になっていけばいいですよね。

検索してみたら、三澤一実さん監修『美術教育の題材開発』という本が気になりました。

f:id:heart2art:20150327224845j:plain




さて、『日学・黒板アート甲子園』。今回はプレ大会。これだけ話題になれば、本大会は応募作品総数もグンと増えるでしょうね。

より研ぎ澄まされた作品が増え、審査員さんたちも頭を悩ますことになるでしょう。

オレ的には今回のような「卒業をテーマにした部門」と「抽象的なハードルを設けた部門」の2種類を設けて欲しい気がします。日学さん、いかがでしょうか? って・・・こんなの読まないと思うけどww


「日学・黒板アート甲子園 プレ大会 入賞作品決定」
http://kokubanart.nichigaku.co.jp/

日学・黒板アート甲子園facebookページ
https://www.facebook.com/kokubanart