読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ハート・トゥ・アート』通信

高円寺発のアートイベント『ハート・トゥ・アート』です。知る人ぞ知る地域密着型アートフリマイベントの先駆け的存在です。

河口 聖さんの個展DMにグッときた アートニュース178

f:id:heart2art:20150330102955j:plain


河口 聖さんは2015年の年明けイチバンにお会いした作家さん(kisaiさん&マロンちゃんは除く)。

荻窪「ギャラリーれがろ」などで展示をされることも多いので、勝手に身近に感じている方です。

その河口さんが本日3月30日よりGallery Bar Kajimaで個展をやられます(4月18日まで)。

f:id:heart2art:20150330103259j:plain


画像をよく見ていただきたいんですが、DMには河口さんの作品の下にKajimaオーナーの加島牧史さんのメッセージが記されています。

これがね、かなりね、個人的にグッとくる文章でした。

加島さんのメッセージがあったことで、河口さんさんの世界がグンと広がっていきました。

平易な文章の中に、想像力を刺激させてくれる情景、作家さんの良さ、オーナーさんの気持ちが盛り込まれていました。

ついつい、何度も文章と絵を交互に見直ししてしまいました。

展示のDMなんてのは作品画像と基本情報があってオシマイ。。。みたいなものが多いですし、何か書いてあっても想いの押し付け? ゴリ押し?的なものだったり・・・オレ自身もそんな枠の中で満足してきました。


「アーティストならば、DMだってアートして欲しいなぁ・・・でも、手間かけると金もかかるしなぁ。。。」みたいな部分で思考停止しちゃうわけですが、このDMを見て、オレにでもやれそうなことはあるよな・・・なんて考えさせられました。


f:id:heart2art:20150330103502j:plain


そういえばスティーブ・ジョブズも「詩の勉強をしたり、発展途上国の生活を自分の目で見てみることを強く勧める」なんてことをスピーチしてるようです(「〜you might want to think about going to Paris and being a poet for a few years. Or might wanna go to a third-world country. I’d highly advise that,〜」1982年のスピーチ。参考:http://genius.com/Steve-jobs-academy-of-achievement-speech-1982-annotated

写真は1982年頃のスティーブ・ジョブズ(左)。若々しいですね。

http://allaboutstevejobs.com」より。

では、スティーブ・ジョブズを見習って、まずは詩の勉強から・・・というわけにもいきませんね。いや、いまからでも遅くない??

それ以前に若年性痴呆症気味のオレですので、このブログを書いたそばからそんな重要な気づきも忘却の彼方に消え去っていくことでしょう・・・汗。

とにかくオレらのような作家さんを紹介する立場の側はもっと勉強しなくちゃダメですよね。。。とグッとくると同時に痛感させられたのでした。

おしまい


<詳細>
河口 聖 展

日時:3/30-4/18 open 14:00~24:00 日曜日休
会場:Gallery Bar Kajima
   中央区銀座7-2-20山城ビル2F tel: 03-3574-8720
   http://gbkajima.jimdo.com/

facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/700184626756944/