読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ハート・トゥ・アート』通信

高円寺発のアートイベント『ハート・トゥ・アート』です。知る人ぞ知る地域密着型アートフリマイベントの先駆け的存在です。

〈劇団・永久個人〉最新作「あけがらす ―ISHIBAを眼差す 遠野よりーー」 アートニュース199

活動日記 アートニュース


◎全3回公演〜生成変化する万城目さん渾身の最新作

11月28日、29日の2日間(全3回公演)当日となりました。〈劇団・永久個人〉最新作「あけがらす ―ISHIBAを眼差す 遠野よりーー」がpit北/区域で行われます。

f:id:heart2art:20151128051544j:plain


〈劇団・永久個人〉というのは2010年に旗揚げされた万城目純さんが主催する演劇プロジェクト。

作品の大きな特徴は、多種多様のジャンルのメンバーで構成されていること。ザッと今回の出演者の名前を書き連ねてみる。

川崎毅(朗読)、久世龍五郎(舞踏)、酒井エル(ダンス)、坂本美蘭(詠歌、清水友美、堀ゆかり(朗読)、ムダイ(実験舞踏)、山田裕子(ダンス)、りょうこ(朗読)、ホムンクルス古楽ユニット:牧野・ムスタファ・克彦、デイヴ・カワムラ&久野幹史)、増田直行(ギター)、森田智子(言霊表現者)、富岡千幸(謡)・・・etc

もちろん万城目純さんも(傀儡)という立場で登場するし、さらにクレジットにない表現者の飛び入りもあるらしい。

総勢20名ほどの表現者たちが万城目さんの元に集い、さまざまな手法を繰り広げながら「事件」を起こす。

いったい何が起きるのか? そして観る者の心に何を残すのか?

内容は・・・
中世と現代の遠野を結ぶ
大胆な試み。

最新作こそ最高の作品が基本と言い放つ万城目さんの覚悟に、ぜひ立ち合ってみてほしい。

また、会場となるpit北/区域は、今年いっぱいで取り壊されてしまうとか・・・。見納めとなる地下の特殊空間も体感すべきだろう。

<詳細>
〈劇団・永久個人〉最新作「あけがらす ―ISHIBAを眼差す 遠野よりーー」 
日時:11月28日(土)19:00~
     29日(日)14:00~(予定) 18:00~ 
会場:pit北/区域(北区 王子1-13-18 B1,2F)
   http://www.h7.dion.ne.jp/~babylon/pit_0.html
料金:当日(各回):2800円/前売・予約(各回):2500円 
facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/706057136191705/
※イベント欄に参加表明すれば前売り料金での入場可能。


◎私的に気になっているのが、中世音楽ユニット「ホムンクルス

詩・朗読・演劇・古楽器・パファーマンス・ダンス・プログレ・ギター・ボイスなど、個性的なパフォーマーが集う中で最も私が気になっているのがホムンクルス

ホムンクルス」はハーディガーディをはじめ、古楽器や民族楽器等を駆使して演奏するグループ。ハーディ・ガーディなんて滅多に聴けない! 

この楽器の音を感じるために行っても損はないだろう。

ホムンクルスfacebookページはこちら
https://www.facebook.com/Homunculus-102759183111942/


★宣伝★ハート・トゥ・アートfacebookページもよろしくです〜〜!
https://www.facebook.com/HEARTtoART