読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ハート・トゥ・アート』通信

高円寺発のアートイベント『ハート・トゥ・アート』です。知る人ぞ知る地域密着型アートフリマイベントの先駆け的存在です。

「アートフェア東京2016」で感じたこと アートニュース824

活動日記 アートニュース


アートフェア東京2016」に行ってきた。

 

f:id:heart2art:20160515022752j:plain

アートフェア東京がスタートしたのは2005年。

ひとつの役割を終えた形で『ハート・トゥ・アート』が活動休止したのも2005年。

ここ10年の間に「アート」が巷に溢れ、いろいろな形でアートが活用(利用?)されてきている。

いいことだ。。。

んん? いいことだけでも・・・ないかも?


そんな想いもあり、『ハート・トゥ・アート』を再開したわけだけど、オレは何を提示できるのだろうかねぇ。。。

自分の頭の中にあることを形にするだけのパワーはあるだろうか?

まぁ、それはこれからのお楽しみ。


さて、「アートフェア東京2016」。

さすがに展示されている作品の質は高かったし、面白い作品もいろいろあった。

だけど・・・あまり驚きはなかった。オレが考えるアートっぽいものとは出会えなかった。4時間くらいかけて見たけど。。。オレの見方が悪かったのかもしれない。

付き合いで出しているようなギャラリーさんは参加しなくてもいいんじゃないのかなぁ。。。ほとんどメリットがないような気がする。余計なお世話だけど。。。

とにかく勉強になったことは確か。ありがとうございました。。。

 

夜に渋谷の金王八幡神社の境内でクロージングパーティーがあり、ちょっとお邪魔。

会期最終日じゃないから、クロージングというよりも外国人向けのパーティーって感じ。

パーティーっていうからベタな内容かと思ったら、いい意味で予想を裏切られた感じ。

 

f:id:heart2art:20160515022848j:plain

突如スタートした工藤丈輝さん(舞踏)&清水靖晃さん(サックス)のパフォーマンスは見応えあった。

刺激的でもあり、昭和的でもあり、懐かしくもあり、エキゾティックでもあり・・・みたいな展開。

最初から最後まで舞台に張り付いて観ている男の子の姿が印象的だった。

子どもの姿と、舞台の様子と、自分の昔の思い出がシンクロする時間だった。

力のある人のパフォーマンスには余計なモノがいらないね。それを再確認できた。

緊張感のある内容を少しだけ共有してもらいたかったので、1分ほど切り取ってアップしてみた。よかったら・・・。


ART FAIR TOKYO2016 Closing Party at Konnoh Hachiman JINJA , Shibuya Fri . MAY 13 , 2016

 

 

 


★宣伝★ハート・トゥ・アートのサポーター&参加者募集/facebookページもよろしく!
①第13・5回『ハート・トゥ・アート』7月30・31日に開催決定
今回は屋外(公園)で行います。屋外イベントが基本的に好きではない私ですが、意味があっての公園開催です。場所の予約は完了しております。来週くらいには杉並区から後援をいただき、正式に使用許可がおります。その段階で参加者を募集します。ツイッターでも少しつぶやいておりますが、まずはスジとして過去のハート参加者対象に募集をスタートします。準備は前日から、撤収は翌日までを予定しております。

②6月には荻窪ハーモニーまつりにも例年どおり参加します(6月4日・5日)
6月3日には会場装飾の準備をします。今回はリボンで装飾します。また6月4日の夕方には「これスキ!」パート2の準備を行う予定です。

※①②に関して「手伝いたい!」「なんか手伝ってもいいよ!」という人は、どうぞ連絡ください。面白い人と出会えることは保証します☆

メール:postmaster@heart-to-art.netまで
facebookページ:https://www.facebook.com/HEARTtoART