読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ハート・トゥ・アート』通信

高円寺発のアートイベント『ハート・トゥ・アート』です。知る人ぞ知る地域密着型アートフリマイベントの先駆け的存在です。

5月16日に「きいろろ映像展」開催。明日は 吉本直紀さんのWSも行われるようです アートニュース181

 

f:id:heart2art:20150403190245j:plain


先日の『Piano × Paint』のスチール撮影でお世話になった「きいろろ聡明堂」さん。5月16日(土)に「きいろろ映像展」を開催します。

「きいろろ聡明堂」は荒川線・梶原駅そばにあり、都電でフラリと行けるギャラリー。プチ旅行気分になれるのがナイスです。

現在、映像展の出展作品を募集中(10分以内の短編作品、ジャンル不問、軽い審査あり)。詳しくはホームページの「contact」からお問い合わせください。

f:id:heart2art:20150403190316j:plain

きいろろ聡明堂ホームページ
http://kiiroro-someido.com/


また、映像作家の吉本直紀さんも新作を出されるようで、出演者・スタッフを募集中。明日からWS?(オリエンテーション?)もスタートする模様(希望者は横浜・黄金町に18時集合)。

吉本さんが撮るのは長めで、約30分ほどのドラマ映画だそう。

参加希望者は初心者も大歓迎。もちろん男女年齢問いません。本番に向けて数回の撮影があるそうです。

この件も「きいろろ聡明堂」ホームページの「contact」から問い合わせてください。

参加費は3千円ですが、「きいろろ映像展」チケットが2枚付くそうですので、結果的には無料と同じですね。

多分、明日参加できなくても出演やお手伝いができる可能性もあるんじゃないかと思います。いや、多分ではなく、絶対に関われるはず(渡辺の推測)。吉本さんは非情に誰かを切り捨てる人ではないので。

映像デビューしてみたいという方、単純に映像作品を作りたいと思っている方など、この機会に応募してみてはいかがでしょうか? きっといい刺激になると思います。

同じような志を持った人と接することって、かなりプラスになりますからね☆ 絶対にオススメです。


ちなみに吉本さんは『Sanguivorous(吸血)』で北米映画デビュー。2003年には映像制作競技会「ムービンピック」で金賞受賞した方です。実力は折り紙つきです。オレも時間があったら参加したいくらいです。

f:id:heart2art:20150403190650j:plain

映像作家 吉本直紀/Stavros Film ホームページ
http://stavrosfilm.web.fc2.com/